原子力機構・内部被ばく

簡易台で作業、問題視 事故巡り規制委員長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
田中俊一委員長
田中俊一委員長

 日本原子力研究開発機構・大洗研究開発センター(茨城県大洗町)の作業員被ばく事故で、原子力規制委員会の田中俊一委員長は14日の定例会見で「適切な作業方法ではなかった」と原子力機構を批判した。

 事故は6日、核燃料物質入りのステンレス容器を点検のために開封作業中、中のビニール袋が破裂して発生した。この施設には密閉された作業台が36台あったが、点検は密閉さ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

注目の特集