メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共謀罪

法案成立へ 権力の乱用に懸念 識者に聞く

政府に異論唱えにくく 佐々木光明・神戸学院大教授(刑事法)の話

 共謀罪の一番の問題は、政府の方針に異論を唱えにくい社会になることだ。

 最初に懸念の声を上げたのは市民運動家だが、それに作家・漫画家や企業法務家らが加わるなどし、国民が自分の問題として考え始めたところだった。

 どんな行為が立件されるのか分からなければ、みな萎縮する。

 こうした懸念は国会の議論を通じて解決していくべきなのに、強引な採決で国民が考えるきっかけや納得する機会を奪ってしまった。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです