メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州新幹線

長崎ルート JR九州、FGT見送り 運行方式不透明に

 JR九州が九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)でフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入見送りを固めたことで、長崎ルートの運行方式が根底からゆらぐことになる。JR九州幹部は「今のところは在来線で武雄温泉まで行き、新幹線に乗り換えるリレー方式を続けるしかない」としている。国と長崎、佐賀両県、JR九州など6者で昨年3月に合意した「リレー方式」はFGT導入が前提だった。今後、沿線自治体や国などとの調整が重要となり、曲折も予想される。【石田宗久、神崎修一】

 FGTの走行試験について、国は今月にも開く専門家委員会の評価を踏まえ、再開するかどうか判断する見込…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです