メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポールダンス

魅力知って 子どもたちとステージ披露

博多駅前であった子供向けイベントで教室の生徒と踊る巽さん=福岡市博多区で2017年6月3日、川上珠実撮影

 床に固定された金属製の棒を軸に踊る「ポールダンス」。夜の店で女性が踊る妖艶なイメージが強いが、近年はアクロバティックな技を競うスポーツとして認知度が高まっている。今月30日からオランダで始まる世界大会で連覇を目指している福岡市博多区のダンス教室「シン・ダンシング・ブリーズ」代表の巽(たつみ)慎之介さん(51)は「子どもや一般の人にも魅力を伝えたい」と話す。【川上珠実】

 博多駅前で3日にあった子ども向けのイベントで、巽さんは教室の生徒約10人とポールダンスを交えたステ…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文695文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]