メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポールダンス

魅力知って 子どもたちとステージ披露

博多駅前であった子供向けイベントで教室の生徒と踊る巽さん=福岡市博多区で2017年6月3日、川上珠実撮影

 床に固定された金属製の棒を軸に踊る「ポールダンス」。夜の店で女性が踊る妖艶なイメージが強いが、近年はアクロバティックな技を競うスポーツとして認知度が高まっている。今月30日からオランダで始まる世界大会で連覇を目指している福岡市博多区のダンス教室「シン・ダンシング・ブリーズ」代表の巽(たつみ)慎之介さん(51)は「子どもや一般の人にも魅力を伝えたい」と話す。【川上珠実】

 博多駅前で3日にあった子ども向けのイベントで、巽さんは教室の生徒約10人とポールダンスを交えたステ…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文695文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです