メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポールダンス

魅力知って 子どもたちとステージ披露

博多駅前であった子供向けイベントで教室の生徒と踊る巽さん=福岡市博多区で2017年6月3日、川上珠実撮影

 床に固定された金属製の棒を軸に踊る「ポールダンス」。夜の店で女性が踊る妖艶なイメージが強いが、近年はアクロバティックな技を競うスポーツとして認知度が高まっている。今月30日からオランダで始まる世界大会で連覇を目指している福岡市博多区のダンス教室「シン・ダンシング・ブリーズ」代表の巽(たつみ)慎之介さん(51)は「子どもや一般の人にも魅力を伝えたい」と話す。【川上珠実】

 博多駅前で3日にあった子ども向けのイベントで、巽さんは教室の生徒約10人とポールダンスを交えたステ…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文695文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  4. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  5. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです