沙羅双樹の花

盛者必衰語る白 京都・東林院でめでる会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 平家物語にはかなさの象徴として登場する「沙羅双樹(さらそうじゅ)」の花を「めでる会」が15日、京都市右京区の妙心寺塔頭(たっちゅう)の東林院で始まった。こけに覆われた緑色の庭で一層映える白い花に参拝者が見入っていた。30日まで。

 釈迦(しゃか)が入滅前に横たわったとされる沙羅双樹は別種だが、日本で…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

あわせて読みたい

ニュース特集