メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沙羅双樹の花

盛者必衰語る白 京都・東林院でめでる会

 平家物語にはかなさの象徴として登場する「沙羅双樹(さらそうじゅ)」の花を「めでる会」が15日、京都市右京区の妙心寺塔頭(たっちゅう)の東林院で始まった。こけに覆われた緑色の庭で一層映える白い花に参拝者が見入っていた。30日まで。

 釈迦(しゃか)が入滅前に横たわったとされる沙羅双樹は別種だが、日本で…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 全日本学生落語選手権「策伝大賞」 立命館3年・高橋壱歩さん 岐阜 /岐阜
  3. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  4. 10連休のGW、旅行に予約殺到 価格高騰も
  5. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです