共謀罪

賛成多数で成立 午前7時46分決着

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
改正組織犯罪処罰法が採決され、与党などの賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2017年6月15日午前7時46分、佐々木順一撮影
改正組織犯罪処罰法が採決され、与党などの賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2017年6月15日午前7時46分、佐々木順一撮影

 「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が15日午前7時46分、参院本会議で採決され、自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。14日夜に参院法務委員会での採決を省略する「中間報告」の動議を自公両党が参院本会議に提出していた。この間、野党は徹底抗戦し、内閣不信任決議案を14日夜に提出して参院本会議を中断させた。ただ、15日未明の衆院本会議で否決され、徹夜の攻防でも同法成立を妨げることができなかった。

 与党は性犯罪厳罰化のための刑法改正案も16日までに参院本会議で可決、成立させる方針で、18日までの国会会期を延長せずに閉会する調整を始めた。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文782文字)

あわせて読みたい

注目の特集