サウジ外相

カタール封鎖を否定 人道批判かわす

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン会川晴之】サウジアラビアのジュベイル外相は13日、ワシントンでティラーソン米国務長官と会談した。ジュベイル氏は、会談前に記者団に対し「(サウジは)カタールを封鎖していない」と述べ、カタール人が空路や海上で自由に移動できると強調。人道的にも問題な全面封鎖をしているとの批判をかわすのが狙いとみられる。

 サウジやエジプトは5日、カタールがテロリストに資金を援助しているとして断交した。これに伴いカタールと唯一、陸路でつながるサウジは国境を封鎖。カタールは、食料の4割をサウジからの陸路供給に頼るため、食料や水不足の懸念が高まり、イランやトルコなどが支援物資の輸送を始めている。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文507文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集