メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プログラミング教育って?

■連載「プログラミングって」7(2017年7月号より)

え・斉籐恵

「こびと同士の会話」

     6月号では、遠く離れたコンピューターを結ぶため、世界は海底ケーブルでつながっていて、そこを情報が通っていることを学んだよね。今回は、こびとたちが情報を伝える方法について知ろう。

    ▼▼▼光の点滅パターンで伝える

     人間に指示されると、こびとはケーブルに向かって光を点滅させるよ。たとえば、「A」という文字を送るときは、イラストのような点滅になる。どういう点滅が「A」になるかは、あらかじめ決めておくんだ。8個の点滅は256通りあるよ。漢字を表現するには足りないから16個や24個の点滅で送るんだ。画像や動画も点滅で送るんだよ。どういう点滅で何を表現するかとか、どっちのこびとが先にしゃべるのかとか、何から順にしゃべるのかは全部あらかじめ決めてあるんだ。こういう決めごとを「プロトコル」というよ。

    ▼▼▼こびと同士の決めごと

     こびと同士が通信するために、ケーブルでつながっているのは先月の紹介の通りだけど、こびと同士はそれだけですぐに会話できるわけではないんだ。こびとが同じ言葉を理解していないと、間違ったものが表示されてしまうことがあるよ。「文字化け」って見たことがある子もいるかもしれないね。文字化けは、こびとが言葉を間違えたときに起こるものなんだ。

     こびとたちの会話のルールはたくさんの種類がある。ルールにはA,Bという文字の伝え方だけでなく、画像や動画の伝え方も定められているし、安全な通信手順などもあるよ。

    イラスト・斉藤恵 文・(C)サイボウズ/毎日新聞社 2017

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. レイプドラッグ 意識失い性的被害 公判で不利な立場にも
    2. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
    3. 田中優子の江戸から見ると 「伝統」という言い訳
    4. 米国 大物プロデューサーがセクハラ ハリウッド有名女優も被害
    5. 土記 カズオ・イシグロの父=青野由利

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]