メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

漱石から考える憲法9条 軍事国家憂え、言葉で戦った小説家

夏目漱石

 憲法施行70年の今年は、文豪・夏目漱石の生誕150年に重なる。そんな“縁”が引き合わせたのか、「漱石と憲法九条」というタイトルに誘われ、講演会に足を運んだ。講師は日本近代文学を専攻する東京大大学院教授の小森陽一さん(64)。著作を通じて軍国主義に対峙(たいじ)してきた漱石と平和憲法には相通じるものがあるという。安倍晋三首相が憲法改正を唱える今、作品をかみしめたくなった。【沢田石洋史】

 「公布日は天長節と言われた明治天皇の誕生日です。この日、昭和天皇は憲法を新たに発布することをマッカ…

この記事は有料記事です。

残り3347文字(全文3591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです