連載

人生は夕方から楽しくなる

ベテラン記者が大人ならではの滋味ある話を求め、旬の人と語り合う大型インタビュー。人生が楽しくなるヒントをお届けします。金曜日更新。

連載一覧

人生は夕方から楽しくなる

女優・十朱幸代さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
十朱さんは言った。「これが最後の舞台になってもいいと思ってるの」=東京都港区で、中村藍撮影
十朱さんは言った。「これが最後の舞台になってもいいと思ってるの」=東京都港区で、中村藍撮影

恋も枝もばっさり 気力の源、仕事かな

 恥ずかしながら、いい年してドキドキしっぱなし。記者とはいえ、あこがれの女優と面と向かえば、のぼせてしまう。なにせ「十朱幸代」を「とあけゆきよ」と読めなかった高校生の時分からの大ファンなもので。かの吉永小百合さんにはない、あやしい色香が思春期の心をくすぐってやまなかったのだ。

 誰もが驚く。この肌つや、輝きで74歳とは。「アハハ。夕方よ、夕方。私の人生、すっかり夕方よ!」。で、近ごろ、お見かけしないのを寂しく思っていたら、ハリウッドの大女優、キャサリン・ヘプバーンの生涯を演じるという。それも一人芝居で。「彼女の作品はほとんど見たわ。もちろん女優としての力は私と比べたら、月とスッポンだけど。個性的で、知性があって、自立する女性の先駆者でしょ。すっごく尊敬してるの」

この記事は有料記事です。

残り1547文字(全文1899文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集