連載

ぐるっと東北・母校をたずねる

東北各地の高校を卒業した著名人のインタビューや、学校の伝統行事、新しい取り組みなどをリポートします。

連載一覧

ぐるっと東北・母校をたずねる

県立米沢興譲館高校/3 信念貫く生き方育んだ 秋田大教授・三宅良美さん /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
三宅良美さん
三宅良美さん

秋田大教授・三宅良美さん=1976年度卒

 秋田大学国際資源学部で中東言語と文化などを教える三宅良美教授(58)=1976年度卒。インドネシア、米国、イスラエルで暮らす中で、専門も人類学から社会言語学へと転向。「長いものに巻かれず、自分が興味を持ったことを突き詰める」。そんな仲間に囲まれた高校時代が、今に通じていると振り返ります。【猪飼順】

 バンカラな校風に憧れて入学しました。当時、女子は3分の1ぐらい。まだ制服もなくて、黒か紺のブレザーという決まり。マドンナみたいな存在がいて、あとは真面目な子ばかり。私はちょっと変というか、チェックの服を着たり、スカートもミニにしてね。特に怒られることもなかったの。

この記事は有料記事です。

残り1725文字(全文2028文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集