メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 石原プロ前社長
東日本大震災

福島第1原発事故 常磐線富岡-広野間、復興へホテルラッシュ 廃炉関係者の利用見込み /福島

 福島第1原発事故からの復興を目指すJR常磐線沿線でホテルの進出が相次いでいる。広野町と楢葉町がそれぞれ整備を進める駅前の再開発地区には、来年夏から秋にかけて200室以上を備えるビジネスホテルが開業する見通しだ。原発事故の避難指示が今春、大部分で解除された富岡町も地元経営者らがホテルの建設を進めている。第1原発の廃炉や復興工事に携わる人たちの利用を見込むとともに、地域のにぎわい創出の拠点としての役割が期待されている。【乾達】

 広野駅前では「ハタゴイン福島広野」(仮称)が来年10月の開業を目指す。用地は東日本大震災の津波で浸水した駅東側に、町が整備を進めている復興拠点の一部だ。7階建てで延べ床面積約4900平方メートルにシングルを中心として222室を備える。「和」を基調とした装飾でレストランや大浴場、100人規模の会議ができる多目的ホールも設ける。今年8月に着工する。

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです