メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
東日本大震災

福島第1原発事故 常磐線富岡-広野間、復興へホテルラッシュ 廃炉関係者の利用見込み /福島

にぎわい創出に期待も

 福島第1原発事故からの復興を目指すJR常磐線沿線でホテルの進出が相次いでいる。広野町と楢葉町がそれぞれ整備を進める駅前の再開発地区には、来年夏から秋にかけて200室以上を備えるビジネスホテルが開業する見通しだ。原発事故の避難指示が今春、大部分で解除された富岡町も地元経営者らがホテルの建設を進めている。第1原発の廃炉や復興工事に携わる人たちの利用を見込むとともに、地域のにぎわい創出の拠点としての役割が期待されている。【乾達】

 広野駅前では「ハタゴイン福島広野」(仮称)が来年10月の開業を目指す。用地は東日本大震災の津波で浸…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1227文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです