メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 常磐線富岡-広野間、復興へホテルラッシュ 廃炉関係者の利用見込み /福島

にぎわい創出に期待も

 福島第1原発事故からの復興を目指すJR常磐線沿線でホテルの進出が相次いでいる。広野町と楢葉町がそれぞれ整備を進める駅前の再開発地区には、来年夏から秋にかけて200室以上を備えるビジネスホテルが開業する見通しだ。原発事故の避難指示が今春、大部分で解除された富岡町も地元経営者らがホテルの建設を進めている。第1原発の廃炉や復興工事に携わる人たちの利用を見込むとともに、地域のにぎわい創出の拠点としての役割が期待されている。【乾達】

 広野駅前では「ハタゴイン福島広野」(仮称)が来年10月の開業を目指す。用地は東日本大震災の津波で浸水した駅東側に、町が整備を進めている復興拠点の一部だ。7階建てで延べ床面積約4900平方メートルにシングルを中心として222室を備える。「和」を基調とした装飾でレストランや大浴場、100人規模の会議ができる多目的ホールも設ける。今年8月に着工する。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです