今治の地震史

講座 「災害少ない県」は誤解 油断戒め「特性知り備えを」 /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
昭和南海地震による沈降で、地震の3年後も大潮の満潮時に高潮となっていた波止浜町(現、愛媛県今治市波止浜)=「高松地方気象台要覧」より、愛媛県歴史文化博物館提供
昭和南海地震による沈降で、地震の3年後も大潮の満潮時に高潮となっていた波止浜町(現、愛媛県今治市波止浜)=「高松地方気象台要覧」より、愛媛県歴史文化博物館提供

 地域に残る地震の歴史を丹念に学び、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備えようという歴史講座「愛媛・今治の地震史に学ぶ 私たちの地域で起きた災害」が今治市立中央図書館(常盤町5)であった。大本敬久(たかひさ)県歴史文化博物館専門学芸員(46)=民俗学=は多くの記録を示しながら「『愛媛は災害が少ない』というのは誤解。過去の災害を忘れずに」と油断を戒めた。【松倉展人】

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文987文字)

あわせて読みたい

注目の特集