メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「共謀罪」法

成立 採決強行、国会閉会へ

 「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法は15日朝、参院本会議で自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。与党は同日未明、参院法務委員会での採決を省略する「中間報告」を行い、民進党など野党が反発する中で採決を強行した。与党は18日までの会期を延長しない方針で、国会は16日、事実上閉会する。

 参院本会議は断続的に14日から15日まで続いた。野党は内閣不信任決議案を衆院に提出するなど抵抗したが、与党は15日未明、中間報告を受け、組織犯罪処罰法改正案を参院本会議で審議する動議を可決。改正法は同日午前7時46分に成立した。投票総数は235票、賛成165票、反対70票。7月11日に施行の見通し。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです