メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「政と官」を考える

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画で文部科学省が「総理のご意向」の記述がある文書の存在を認めた。選挙で選ばれた政治家が官僚をコントロールすることを目指した「政治主導」は、いつのまにか「首相官邸の政治圧力」と「官僚のそんたく」に形を変えてしまったのか。「政と官」のあるべき関係とは。

ゆがみ防ぐのは国民の識別眼 仙谷由人・元官房長官

 民主党(現・民進党)が政権を獲得する前から「官僚主導から政治主導へ」を主張してきた。官僚はともする…

この記事は有料記事です。

残り4261文字(全文4482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです