メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

安倍政権 真摯さ欠く国会答弁=佐藤丈一(統合デジタル取材センター)

加計学園の獣医学部新設問題を巡って、参院決算委員会で答弁する安倍晋三首相=5日、川田雅浩撮影

「官邸主導」の理念どこへ

 今国会では国有地売却や国家戦略特区を巡る「二つの学園問題」で、政府と野党が応酬を繰り広げた。だが、安倍晋三首相や閣僚だけでなく官僚も質問に正面から答えない姿が際立った。政権に不都合な問題にふたをしてはいないか。「安倍1強」の現状は、1990年代以降の政治・行政改革が目指した「官邸主導」の理想から懸け離れたものと言わざるを得ない。

 「問題があると言う方が立証するのが当然だ」。首相は5日の参院決算委員会で、友人が理事長を務める「加…

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです