メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

/6 帰省で滞在制限回避

インドネシア・バタム島のフェリーターミナルから出発するアイシャ(左)をとらえた防犯カメラの映像=関係者提供

 インドネシア・バタム島の中央国際フェリーターミナルは対岸のシンガポールやマレーシアと行き来する人でごった返し、毎日、数千人の利用者がある。「バタム島の母」であるラディアワティ(51)の家を辞したシティ・アイシャ(25)は2月2日午前8時半、このターミナルからマレーシアに向けて出国した。その姿はインドネシア入国管理当局の監視カメラにも映っている。

 バタムからは日中、ほぼ45分おきにマレーシアへのフェリーが出発している。チケットは予約不要、片道3…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです