メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混迷ベネズエラ

/下 「見せしめ逮捕」横行 政権、力で不満抑え

公安当局SEBIN(セビン)の本部ビル。市民はこのビルを「La Tumba(墓)」と呼ぶ=ベネズエラの首都カラカスで2017年5月

 お父さんは遠いところで仕事しているから--。

 こんなごまかしがいつまで4歳の息子に通じるのかと、カラカスの主婦、ロサ・プラト・ビジェガスさん(38)は不安でしょうがない。夫で陸軍軍人のハイロンさん(38)は今年1月、クーデターを画策した容疑で同僚5人と共に逮捕された。上官が証拠として示したのは1枚の写真。休日に半ズボン姿の夫が喫茶店に入ろうとしているところを隠し撮りしたものだ。写真には「この後、店内で6人による密談があった」と説明書きがあった。

 だが、ロサさんは首を振る。「でっちあげです。その日、店で夫と待ち合わせしていたのは私だからです」

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです