メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混迷ベネズエラ

/下 「見せしめ逮捕」横行 政権、力で不満抑え

公安当局SEBIN(セビン)の本部ビル。市民はこのビルを「La Tumba(墓)」と呼ぶ=ベネズエラの首都カラカスで2017年5月

 お父さんは遠いところで仕事しているから--。

 こんなごまかしがいつまで4歳の息子に通じるのかと、カラカスの主婦、ロサ・プラト・ビジェガスさん(38)は不安でしょうがない。夫で陸軍軍人のハイロンさん(38)は今年1月、クーデターを画策した容疑で同僚5人と共に逮捕された。上官が証拠として示したのは1枚の写真。休日に半ズボン姿の夫が喫茶店に入ろうとしているところを隠し撮りしたものだ。写真には「この後、店内で6人による密談があった」と説明書きがあった。

 だが、ロサさんは首を振る。「でっちあげです。その日、店で夫と待ち合わせしていたのは私だからです」

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです