メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第75期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・稲葉陽八段 第5局の6

 三段リーグに上がった稲葉だが決して順風満帆ではなかった。チャンスはまもなくやってきたものの、最後の最後で連敗して四段昇段を逃す。師匠の井上慶太九段は稲葉に手紙を書いたという。

 井上「落ち込むことはない。力は十分あるのだから今のまま頑張っていけばチャンスはすぐにやってくる、みたいな内容だったと思います」

 師匠の言葉を力に、稲葉は通算6期で棋士の切符を手にした。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです