メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原子力機構・内部被ばく

点検項目「破裂の恐れ」 現場、リスク考慮せず

事故発生後に作業員が撮影したステンレス容器。中から破裂したビニール袋が飛び出しているのが見える=日本原子力研究開発機構提供

 日本原子力研究開発機構は15日、大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で発生した被ばく事故について、事故前に作成した安全チェックリストには「破裂の恐れ」を点検するよう求める項目を記載していたにもかかわらず、現場の作業員が「該当しない」と判断していたことを明らかにした。

 原子力機構は同日、作業員が事故後に撮影した現場の映像を公開。破裂したビニール袋が、ステンレス容器の上部からはみ出している様子が映っ…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 新型コロナ対応、評価トップは吉村大阪府知事 毎日新聞世論調査

  5. SNSの個人攻撃はなぜ繰り返されるのか 木村花さん急死で渦巻く議論と構造的課題

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです