原子力機構・内部被ばく

点検項目「破裂の恐れ」 現場、リスク考慮せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
事故発生後に作業員が撮影したステンレス容器。中から破裂したビニール袋が飛び出しているのが見える=日本原子力研究開発機構提供
事故発生後に作業員が撮影したステンレス容器。中から破裂したビニール袋が飛び出しているのが見える=日本原子力研究開発機構提供

 日本原子力研究開発機構は15日、大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で発生した被ばく事故について、事故前に作成した安全チェックリストには「破裂の恐れ」を点検するよう求める項目を記載していたにもかかわらず、現場の作業員が「該当しない」と判断していたことを明らかにした。

 原子力機構は同日、作業員が事故後に撮影した現場の映像を公開。破裂したビニール袋が、ステンレス容器の上部からはみ出している様子が映っ…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集