メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・豊洲市場

築地貸付料、年160億円 移転費用、返済に充当 都が試算

 東京都の築地市場(中央区)の移転問題で、都は15日、豊洲市場(江東区)に移転して築地市場の跡地を売却する案と、売却せず土地を50年間の定期借地方式で民間に貸す案を正式に提示した。貸す場合は毎年20億~30億円の黒字になると試算。豊洲整備費のうち借金として残る約3600億円は、年160億円の築地の貸付料などで返済する。

 この方法で、市場業者の施設使用料などで成り立つ市場会計だけで15年以上にわたり資金繰りができるとし…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです