メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桐生市

空き家率、国の調査と開き 調査方法の違い要因か

 群馬県桐生市は14日、昨年末に実施した空き家実態調査で、市内の住宅空き家率は7.3%だったとする結果を公表した。総務省の2013年住宅・土地統計調査では、桐生市の空き家率は県内12市で最高の17.3%だったが、これを大きく下回った。市は「改善したというよりも、総務省は標本調査のため、今回の調査結果がより実態を示している。他の自治体でも同様のケースが多いのではないか」(空き家対策室)と話している。

 桐生市は、家屋課税台帳を基に、住宅のほか店舗や工場なども含む市内の全家屋数を8万4146件(うち住…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文517文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 西日本豪雨 多くの住民、学校に避難 教職員ら対応に追われ
  4. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ
  5. IR実施法案 「カジノ、観光に波及」? 国会で論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]