伊豆シャボテン動物公園

ブラウンキツネザルの子ども人気

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
飼育係の手に乗りミルクを飲むブラウンキツネザルの赤ちゃん「タネ」=静岡県伊東市富戸で2017年6月15日、梁川淑広撮影
飼育係の手に乗りミルクを飲むブラウンキツネザルの赤ちゃん「タネ」=静岡県伊東市富戸で2017年6月15日、梁川淑広撮影

 静岡県伊東市富戸の「伊豆シャボテン動物公園」が、育児放棄のため人工哺育しているブラウンキツネザルの赤ちゃんの一般公開を始めた。体と尾が10センチずつの小さな体で、頼りない首を伸ばしてシリンジ(注射筒)からミルクを飲む様子に、来園客は目を細めている。

 赤ちゃんは4月21日生まれの雄。育児経験のない母親が育てられず、翌日には床に落ちて衰弱していたため、園内動物…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集