特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

不明6年、夫の死亡届提出 75歳妻が決意

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
死亡届を提出した後、カレンダーの裏に夫への報告を記す熊谷幸子さん=岩手県陸前高田市広田町で2017年6月14日、藤井朋子撮影
死亡届を提出した後、カレンダーの裏に夫への報告を記す熊谷幸子さん=岩手県陸前高田市広田町で2017年6月14日、藤井朋子撮影

 岩手県陸前高田市広田町の熊谷幸子(さちこ)さん(75)が、東日本大震災で行方が分からなくなった夫、磨(みがく)さん(当時71歳)の78歳の誕生日となった14日、市役所に死亡届を提出した。「本当にいなくなってしまう」とためらい続けてきたが、6年がすぎ、「供養してあげなくちゃ」と思えるようになったと言う。届け出た幸子さんの表情は穏やかだった。【藤井朋子】

 2011年3月11日。幸子さんは外出先で地震に遭遇した。高台にある自宅は津波の被害を免れたが、磨さんの姿はなかった。地震直後、自宅から坂を下りていく磨さんを目撃した人がいた。以来、行方は分からない。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文915文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集