メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山城議長が演説 「沖縄の市民弾圧」と訴え

国連人権理事会で演説する沖縄平和運動センターの山城博治議長(Pierre Albouy氏撮影)=共同

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議運動を続ける沖縄平和運動センターの山城博治議長が15日、ジュネーブの国連人権理事会で演説した。日本政府が沖縄の軍事化に反対する市民を大規模な警察力で「弾圧し、暴力的に排除している」と訴えた。自らの長期拘束について「当局による明らかな人権侵害だ」と主張した。

     山城議長は米軍北部訓練場での抗議活動で昨年10月、有刺鉄線を切断した器物損壊容疑で逮捕後、約5カ月間勾留され、公判中。演説でも、長期勾留中に家族とも会うことを許されず「自供と抗議運動からの離脱を迫られた」と述べた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡母子3人殺害 「夫婦仲良くなかった」容疑者が供述
    2. 犯罪被害者支援フォーラム 長女を3歳で失った清水さん「苦しくとも前に進む」 佐賀 /佐賀
    3. ORICON NEWS 香取慎吾、シェフ姿で料理の腕前披露 『おじゃMAP!』SPで結婚式プロデュース
    4. ことば 大崎事件
    5. ライフスタイル うっかりシェアしたら恥ずかしい! Facebookが教える「フェイクニュースにだまされない10のコツ」(GetNavi web)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]