メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁

森長官、続投へ 「改革路線」加速

 政府は、金融庁の森信親長官(60)を続投させる最終調整に入った。早ければ月内にも正式に決める。森長官は2015年の就任以来、「金融行政改革」を掲げ、金融機関の統治改革や、営業姿勢の転換を促す政策を進めており、続投で改革路線を加速させる。

 森長官は15年7月に監督局長から昇格。金融商品の手数料開示や、株主総会での議決権行使状況の開示…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです