メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計学園

「守秘義務違反」副大臣発言に批判続出

義家弘介副文部科学相=国会内で2017年5月22日、川田雅浩撮影

 加計(かけ)学園の獣医学部新設計画を巡り、内部文書が存在すると職員が内部告発して明らかにした場合、国家公務員法(守秘義務)違反に問われる可能性があると述べた義家弘介(ひろゆき)副文部科学相の発言が波紋を広げている。専門家は「文書は秘密ではない。仮に秘密であっても告発には公益性がある」と批判している。

 国家公務員法は、職員が職務上知りえた秘密を漏らすことを禁じ、違反した場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科すと規定している。義家氏は13日の参院農林水産委員会で「一般論として、告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを流出させることは国家公務員法違反になる可能性がある」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです