特集

加計学園

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題をまとめました。

特集一覧

加計学園

「官房副長官が修正指示」新たなメール明らかに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
萩生田光一官房副長官=国会内で2017年6月2日、川田雅浩撮影
萩生田光一官房副長官=国会内で2017年6月2日、川田雅浩撮影

 加計学園の獣医学部新設計画で、国家戦略特区諮問会議が昨年11月に獣医学部の新設を空白地域に限って認めると決定する直前、萩生田光一官房副長官と内閣府の藤原豊審議官が文科省の担当者に対し、「広域的に」と「限り」の文言を付け加えるよう指示していたことが15日に公表された文科省の資料で分かった。官邸主導で「加計ありき」の規制緩和が進められた疑いがさらに強まった。

 文科省は獣医師の過剰を防ぐためとして獣医学部新設を認めていなかったが、諮問会議は昨年11月9日、「広域的に存在しない地域に限り新設を可能」とする規制緩和を決定。加計学園が今年1月20日に事業者に認定された。京都産業大(京都市)も学部新設を希望していたが、大阪府内の大学に獣医師養成課程があることから「広域的に」「限り」の文言が障壁となり、断念した経緯がある。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文890文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集