メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グルテンフリー

注目 米どころに光 国内外、健康志向も後押し 消費減少、米粉に商機 大潟の業者、40商品開発 /秋田

米粉で作ったパスタを手にする涌井徹社長=いずれも大潟村あきたこまち生産者協会で

 小麦などに含まれるたんぱく質の一種、グルテンを使用しない「グルテンフリー食品」が、健康志向の高まりとともに国内外で注目を浴びている。米粉で作ったパスタやパンなどがその代表格だ。コメの需要が減少傾向にあるなか、米どころ・大潟村の生産加工業者は「需要の拡大が見込まれる」と商機を見いだしている。【松本紫帆】

 スパゲティにマカロニ、シチュー……。コメの生産から加工、販売までを手がける「大潟村あきたこまち生産者協会」(涌井徹社長)には、小分けして袋詰めされた食品の見本がずらりと並ぶ。いずれも原料は小麦粉ではなく、米粉だ。

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです