メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新和歌山市民会館

建設計画 小ホール設計に異論 演劇・演舞団体「反響板、利用に支障」 /和歌山

現在の市民会館小ホール。中央奥や上部にある白色の板状設備が可動式反響板で、収納された状態になっている=和歌山市伝法橋南ノ丁で、稲生陽撮影

 和歌山市が2021年4月開館を目指す新市民会館の小ホール(400席予定)の設計に対し、演劇・演舞団体から異論の声が上がっている。交響音楽向けの「反響板」と呼ばれる板状の大型設備を舞台壁面に固定する計画だが、団体側は舞台袖からの出入りができなくなり、演劇やダンスなどでの利用に大きな支障を来すと主張する。市は開会中の6月定例会で関連予算案を提案しており、可決されれば詳細な設計を実施したい考え。一方、団体側は見直しを求めて署名活動を始めた。【稲生陽】

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです