メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

「共謀罪」怖い日本の近未来 疑心暗鬼生む責任者の人間性=浜矩子

改正組織犯罪処罰法が参院本会議で可決、成立したことを受け、記者の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で15日午前10時1分、竹内紀臣撮影

 「あの青年を24時間体制で監視してくれ。彼が誰と話したか。話し相手を全員知りたい。全員だ。全員の身元を突き止めて、全員、尋問するように。その中で、私が特定した者はここに連れて来い」

 上記は、SF世界のスーパー大御所様、アイザック・アシモフ先生の“Robots and Empire”(「ロボットと帝国」)に登場する一節だ(翻訳は筆者)。1985年の作品だが、今日この日、これがあたかも、日本のごく近未来の話のように読めてしまう。しかも、フィクションとしてではない。これが、日本社会の実態描写になってしまうのか。その思いにかられる。

 この一節が、このように読めてしまう日が来ようとは、何たることか。そして、この結果をもたらした経緯の…

この記事は有料記事です。

残り1773文字(全文2089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです