メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米共和党幹部銃撃

容疑者の妻「なぜ」 心境語る

捜査員に支えられ、報道陣の取材に答えるホジキンソン容疑者の妻スーさん=米中西部イリノイ州ベルビルで2017年6月15日、長野宏美撮影

 【ベルビル(米中西部イリノイ州)長野宏美】米南部バージニア州で14日に共和党幹部らが銃撃された事件で、警察官との銃撃戦で射殺されたジェームズ・ホジキンソン容疑者(66)の妻スーさんが15日、イリノイ州ベルビルで報道陣の取材に応じた。

 トウモロコシ畑に囲まれた自宅前で、捜査員に支えられながら「なぜこんなことが起きたのか分からない」と心境を語った。

 連邦捜査局(FBI)の発表では、容疑者は今年3月下旬からワシントン近郊の事件現場近くで車内で生活。…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです