メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米共和党幹部銃撃

容疑者の妻「なぜ」 心境語る

捜査員に支えられ、報道陣の取材に答えるホジキンソン容疑者の妻スーさん=米中西部イリノイ州ベルビルで2017年6月15日、長野宏美撮影

 【ベルビル(米中西部イリノイ州)長野宏美】米南部バージニア州で14日に共和党幹部らが銃撃された事件で、警察官との銃撃戦で射殺されたジェームズ・ホジキンソン容疑者(66)の妻スーさんが15日、イリノイ州ベルビルで報道陣の取材に応じた。

 トウモロコシ畑に囲まれた自宅前で、捜査員に支えられながら「なぜこんなことが起きたのか分からない」と心境を語った。

 連邦捜査局(FBI)の発表では、容疑者は今年3月下旬からワシントン近郊の事件現場近くで車内で生活。…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文445文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 大阪震度6弱 9歳女児が心肺停止 高槻
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 大阪府内を中心に17万件停電
  5. 大阪震度6弱 首相官邸に対策室設置 菅官房長官

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]