メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

ザイレ暁映さん=外国人向け仏教講座を始めた興福寺のドイツ人僧侶

ザイレ暁映さん

ザイレ暁映(ぎょうえい)さん(38)

 すらりとした長身に彫りの深い顔立ち。世界遺産・興福寺(奈良市)でひときわ目を引く。この春、寺近くの外国人観光客交流施設「奈良県猿沢イン」で英語の仏教講座を始めた。「英語ガイドの内容は歴史と美術に偏りがち。僧侶として宗教性を伝えたい」と使命感に燃える。

 12歳の時、生まれ育ったドイツから米国に移住。文化の違いから、疎外感に悩んだ。物理学者の父が日本好きだったこともあって、青春の苦悩の答えを東洋思想に求めた。父譲りの研究者かたぎで対象は日本古典文学から仏教、それも特に難解とされる唯識(ゆいしき)教学に向…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. ORICON NEWS 急性白血病で闘病中の岡村孝子、インスタで退院を報告 ファンから祝福の声

  4. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです