メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

ザイレ暁映さん=外国人向け仏教講座を始めた興福寺のドイツ人僧侶

ザイレ暁映さん

 すらりとした長身に彫りの深い顔立ち。世界遺産・興福寺(奈良市)でひときわ目を引く。この春、寺近くの外国人観光客交流施設「奈良県猿沢イン」で英語の仏教講座を始めた。「英語ガイドの内容は歴史と美術に偏りがち。僧侶として宗教性を伝えたい」と使命感に燃える。

 12歳の時、生まれ育ったドイツから米国に移住。文化の違いから、疎外感に悩んだ。物理学者の父が日本好きだったこともあって、青春の苦悩の答えを東洋思想に求めた。父譲りの研究者かたぎで対象は日本古典文学から仏教、それも特に難解とされる唯識(ゆいしき)教学に向かう。「未知の世界。今勉強しないと一…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 4連休初日 観光地、久々のにぎわい

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです