民泊

営業停止求め提訴 マンション組合が所有者に 東京・目黒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 マンションの一室で外国人観光客らを泊める「民泊」を無断営業するのは管理規約違反だとして、東京都内のマンション管理組合が部屋の所有者に営業停止などを求める訴訟を起こしていたことが分かった。16日に東京地裁(吉村真幸裁判官)であった第1回口頭弁論で、所有者側は争う姿勢を示した。

 訴えたのは、目黒区内の12階建て分譲ワンルームマンション(46室)の管理組合。訴状などによると…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集