メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官が「怪文書」発言を撤回

菅義偉官房長官

 菅義偉官房長官は16日の参院予算委員会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、「総理のご意向」などと記された文書を「怪文書」と批判した自らの発言を撤回した。民進党の福山哲郎幹事長代理の質問に「現在の認識ではない」と述べた。

 菅氏は「当時は出所や入手経路が不明で、信ぴょう性もよく分からなかった。不可解な文書で『怪文書』という話をした」と釈明。「現在は複数の文書について出所が明らかになった」と語った。

 菅氏は文書の存在が報道された5月17日の記者会見で「怪文書みたいな文書ではないか。出所も明確になっていない」と批判していた。

 しかし文部科学省は今月15日、再調査の結果、一部の文書の存在が確認されたと発表。菅氏は同日の会見で「怪文書という私の言葉だけが独り歩きしているのは、極めて残念だ」とトーンダウンしていた。【田中裕之】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
  2. 名大病院 がん兆候、情報共有されず 50代の男性が死亡
  3. 一日サイバー犯罪対策課長 吉岡里帆さん、注意呼び掛け 府警 /京都
  4. 中国道 路上タイヤに乗り上げ 死亡親子の車とトレーラー
  5. ORICON NEWS 宮根誠司『ミヤネ屋』降板報道を一蹴 来年4月以降も続投明言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]