日欧EPA交渉

ワイン関税撤廃で調整 EU産、数年かけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本が輸入ワインにかける関税
日本が輸入ワインにかける関税

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉で、日本政府がEU産の輸入ワインに課している関税を段階的に引き下げ、数年かけて撤廃する調整に入った。日本としては、ワイン市場開放でEUに譲ることで、国内農家への影響が大きいとされるチーズの関税(30%程度)を守りたい思惑があるとみられる。

 日本は通常、輸入ワインに輸入価格の15%または1リットルあたり125円のいずれか低い方の関税をかけており、EU産にも適用している。一方、チリ産については、2007年に発効した日本とのEPAに基づいて段階的に関税を引き下げており、19年4月に撤廃…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文671文字)

あわせて読みたい

注目の特集