メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「女性と交際できる」で2031万円被害

60代の男性「現金を振り込めば…」

 愛知県警は16日、同県半田市の60代の男性会社員が「現金を振り込めば女性と交際でき現金ももらえる」などと持ち掛けられ、現金2031万円をだまし取られたと発表した。半田署が詐欺事件として捜査している。

     同署によると、男性は2014年10月、「紹介女性と付き合うと金がもうかる」との記事を見て、記載の電話番号に連絡した。電話口の男に「現金を振り込めば女性を紹介する。女性と交際すれば振込額の倍の現金を女性からもらえる」と言われたという。

     男性は今年1月までの約2年間、30回にわたり計2031万円を指定の銀行口座に振り込んだ。女性の紹介を受けたことは一度もなかったが、最初の電話相手と同一らしき男から「もう少し振り込めば紹介できる」などと言われ、その度に5万~100万円を振り込んでいた。男性は退職金の前借りや借金で現金を工面していた。

     他県警が調べていた事件で男性の振込先口座が使われており、その捜査過程で被害が発覚した。【斎川瞳】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
    3. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    4. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
    5. 自民 「気持ちは分かる」河村氏が豊田氏擁護、後に訂正

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]