漢語角

公園で「ニーハオ」 日中交流の10年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本語と中国語を交えて会話する漢語角の参加者=東京都内で2017年6月11日、浜名晋一撮影
日本語と中国語を交えて会話する漢語角の参加者=東京都内で2017年6月11日、浜名晋一撮影

 東京・西池袋の公園で毎週日曜日の午後、日本人と中国人による語学交流の場「星期日漢語角」が持たれている。中国語で「日曜日中国語コーナー」の意味だ。「漢語角」は2007年にスタート。都会の片隅で始まったささやかな日中交流の試みは、10年を経て参加者延べ2万人を超えるまでに成長した。【浜名晋一】

 「はじめまして、ハルビンから来ました。よろしくお願いします」。6月11日の日曜日、中国から来た男子留学生が、たどたどしさの残る日本語で自己紹介した。「漢語角」のルールは至って簡単だ。公園に集った人々が自由にグループを作り、日中両国語で会話する。日本人は中国人に、中国人は日本人に、それぞれ自国語を教えるという仕組みだ。参加費は無料で、活動時間の午後2時から同5時までの間、出入りは自由。雨の日などは近くの喫茶店に場所を移す。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1167文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集