メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卵アレルギー

「生後6カ月から少量ずつ卵」で発症予防に

日本小児アレルギー学会が提言発表

 アトピー性皮膚炎などかゆみを伴う湿疹のある乳児には、医師の管理下で生後6カ月から少量ずつ卵を食べさせると卵アレルギーの発症予防につながるとの提言を、日本小児アレルギー学会が16日発表した。

 食物アレルギーの患者は増えており、東京都の調査では3歳までに16%が診断を受けている。特にアトピー性皮膚炎の乳児はリスクが高いとされる。

 かつては、アレルギーを起こしやすい食品は食べるのを遅らせる方が望ましいと考えられており、医師が避け…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです