福島・小学校

教員が給食食べ残しの児童にカビのパン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

児童3人に給食「指導」として 古い牛乳も

 福島県鏡石町立第一小学校で2015年度、当時1年生の担任だった女性教員(30代)が、給食の「指導」として、カビの生えたパンや古い牛乳を児童に食べさせていたことが16日、町教委などへの取材で分かった。同校は先月、事実を把握し「不適切な指導だった」として保護者に謝罪した。健康被害の報告はないとい…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

あわせて読みたい

ニュース特集