神戸・中3女子自殺

いじめか 「容姿の悪口」同級生証言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

遺族の要望で市教委が第三者委を設置

 神戸市垂水区で昨年10月に自殺した市立中3年の女子生徒(当時14歳)について、複数の同級生が毎日新聞の取材に応じ、2年の時から同級生の間で容姿などの悪口を言われ続けていたと証言した。女子生徒はその後、自傷行為を始めており、文部科学省が定義する「いじめ」に該当する可能性がある。市教委の第三者委員会も同様の証言を把握しており、自殺との因果関係の有無を慎重に検討している。

 女子生徒は昨年10月6日午後、同区内の川で首つり自殺を図った。遺書のようなメモにはいじめをうかがわせる記載はなかったが、遺族の要望で市教委が第三者委を設置。全校生徒へのアンケートや聞き取りなどを進めている。

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1289文字)

あわせて読みたい

注目の特集