メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真集

馬場わかなさん、ぐっとくる「人と料理」撮って食べて 渋谷で展示も

「人と料理」を出版した写真家の馬場わかなさん。パネル展を開いた書店で=東京都新宿区の「かもめブックス」で、岡本同世撮影

 「読むとおなかがすく」「人柄が伝わってくる」--。写真家、馬場わかなさん(43)がこのほど出版したフォトエッセー「人と料理」(アノニマ・スタジオ)が好評だ。両親、料理家、モデル、陶芸家、イラストレーターなど料理のプロか否かを問わず、魅力を感じた人たち17組に普段の料理を作ってもらい、自然光の中でフィルムに収め、食べた。こんなにおいしそうな料理、良い表情を撮るのはどんな人だろう。本人に会いにいった。【岡本同世】

 ベリーショートの髪形に、豊かな表情。のっけから「写真撮るなら、ちょっと顔洗って来ていいすか」と場を和ませる。そんな馬場さんとカメラとの出合いは高校時代だ。写真部顧問の勧誘を物理の授業中に受けて入部。「当時はモノクロフィルムだったんですけど、面白いな、と思って。それで写真を好きになった」。日本大学芸術学部の写真学科へ進み、改めて基礎を学んだ。

この記事は有料記事です。

残り1867文字(全文2246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです