メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

城ロボ「タメノブーン」

テーマ曲、吹奏楽用の楽譜完成 弘前学院聖愛高が初披露 高校野球応援歌などに /青森

「超城合体タメノブーン5」のテーマ曲を演奏する弘前学院聖愛高の吹奏楽部=弘前市で

 弘前市を守るお城の神々が合体したロボキャラ「超城合体タメノブーン5(ファイブ)」のテーマ曲を吹奏楽用にアレンジした楽譜が完成し、同市の市民会館で開かれた弘前学院聖愛高吹奏楽部の定期演奏会で17日、初披露された。企画した市などは、夏の高校野球の応援などで演奏してもらい弘前の名を全国にアピールしたい考えだ。【藤田晴雄】

 「タメノブーン5」は、子供たちの郷土愛を育もうと市などが進める「城ロボプロジェクト」のオリジナルキャラクター。弘前城と、かつて同市内にあった大浦城、堀越城、和徳城、石川城の五つの城に宿る神々が、春の訪れを妨害する冬将軍を相手に、合体して戦うという設定。名前は弘前藩初代藩主、津軽為信(ためのぶ)にちなんで付けられた。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです