メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

試験放鳥最終年 ヤマト、大空へ 野田の飼育施設 /千葉

試験放鳥が行われ天井が開放されたケージ内で羽ばたくコウノトリの幼鳥「ヤマト」

 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰を目指す野田市江川地区の飼育施設「こうのとりの里」で17日、4月に誕生した雄の幼鳥1羽が試験放鳥された。3年計画の試験放鳥は今年が最後。午前11時すぎにケージの天井を覆っていたネットが外されると、時折、羽ばたく仕草をし、午後5時すぎに大空へ飛び立った。また、放鳥式では、一般公募で寄せられた候補作から市内の小学生8193人の投票で決まった愛称「ヤマト」が発表された。酉(と…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです