連載

余録

毎日新聞朝刊1面の看板コラム「余録」。▲で段落を区切り、日々の出来事・ニュースを多彩に切り取ります。

連載一覧

余録

不思議な光景だった…

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 不思議な光景だった。一国の首脳同士とは思えない振る舞いに出た。1984年9月22日、フランス北東部ベルダンにある軍人墓地。小雨が降る中、納骨堂の前で当時のミッテラン仏大統領とコール西独首相は突然、手をとりあった▲見慣れた握手ではない。型どおりの抱擁とも違う。まるで子どものように手をつなぎ前を見据え、2度の大戦による両国の犠牲者に祈りをささげた。予定にない行動だった▲一方の当事者だったコール氏が16日、87歳で亡くなった。ミッテラン氏はすでにこの世にない。かつての激戦地での、あの印象的な瞬間から欧州の新しい動きが始まったと言われる▲ベルリンの壁崩壊後、コール首相は東西ドイツの統一に意欲を燃やした。だが、英国をはじめ「強大なドイツ復活」への警戒感はなかなか拭えなかった。その後の単一通貨ユーロ導入では、フランスなどの積極論に対してドイツ国内には「強いマルクを失う」と疑問が渦巻いた▲いずれの大事業も反対を説き伏せ実現できたのは、独仏首脳が手をつないだ「ベルダンの和解」がもたらした力によるものかもしれない。コール氏は96年のミッテラン氏の葬儀で、人目をはばからずに涙を流した▲手をつないだまま直立不動の2人の写真は、両国の共通歴史教科書の表紙を飾る。改めて見ると、コール氏の右手とミッテラン氏の左手はきつく結ばれている。和解や相互理解が、過去の傷をいやし現在の溝を埋めるだけではなく、未来の扉を開くと教えている。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集