メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コール元独首相死去

「一つの欧州」尽力 ユーロ導入に道

 【フランクフルト中西啓介、ブリュッセル八田浩輔、パリ賀有勇、ロンドン矢野純一】ドイツのヘルムート・コール元首相が16日、出身地の西部ルートウィヒスハーフェンの自宅で87歳で死去したことを受け、各国首脳らは相次いで哀悼の意を表明した。欧州からは、欧州連合(EU)の創設を定めたマーストリヒト条約の締結に尽力し、ミッテラン仏元大統領との個人的な協力関係の下、共通通貨ユーロの導入に道を開くなど「一つの欧州」実現に向けた貢献への称賛が目立った。

 コール内閣で女性・青年相などに任命されたメルケル独首相は「偉大なドイツ人、欧州人だった」と追悼。マ…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文891文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです