メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

東京都議選の意義=増田寛也・元総務相

=宮武祐希撮影

行政監視が議会の役割

 「小池都政」へのイエスかノーかを問う選挙ではない。都政の監視役として誰がふさわしいかを問う選挙である。昨年7月の都知事選に立候補した者として、率直にそう思う。

 東京都議選が近づいた。小池百合子知事の言動に目を奪われていると、選挙の意義を見失う。築地市場移転問題ばかりが目立つが、「東京大改革」とは何をどう大改革するのか。1370万都民の立場や優先事項は個々に異なる。「都民ファースト」とは都民の誰を第一に考えるのか。肝心な点が曖昧だ。それらの追及が都議会の役割である。

 小池知事が繰り返す「情報公開の徹底による都政の透明化」が、改革の第一歩であることは間違いない。「の…

この記事は有料記事です。

残り1456文字(全文1751文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです