トランプ米大統領

公約実現を強調 キューバ制裁強化 影響、限定的か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太、サンパウロ朴鐘珠】トランプ米大統領は16日、オバマ前政権が進めたキューバ制裁緩和策を転換すると正式表明した。キューバのカストロ政権との関係が冷え込むのは必至だが、外交関係は維持し影響は限定的との見方もある。ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営の癒着疑惑で追及を受けるトランプ政権には、公約実現を強調して支持をつなぎ留めたい思惑がある。

 「キューバの圧政から目を背けない。前政権は誤った取引をした」。トランプ氏は米南部フロリダ州マイアミでオバマ前政権の融和策を批判し、米国民の渡航制限強化や、キューバ軍・情報機関の関連企業との取引規制などの政策を発表した。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文821文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集