メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

「国の借金、国民負担」を懸念=無職・大谷武・67

 (横浜市港南区)

 安倍晋三首相は、昨年の伊勢志摩サミットで、世界経済がリーマン・ショック級の危機に陥るリスクに直面していることを表明し、国民を驚かせた。リスク回避を理由に安倍政権は消費増税を2019年10月まで再延期したが、危機は起きず、その気配もない。再延期した理由の本音は、夏に控えていた参院選対策だったのは明らかだ。

 日本は債務残高が国内総生産(GDP)比230%と世界一の借金大国のうえ、少子高齢化も加速中だ。医療、介護、年金など社会保障費の増加、世代間格差の是正など喫緊の課題を抱える。すぐにでも大幅増税や財政改革をしない限り、遠からず財政破綻してしまうことを警告する専門家も少なくない。

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 異業種派遣のJAL系社員 工場から見上げる空

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです