メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『群島と大学 冷戦ガラパゴスを超えて』=石原俊・著

 (共和国・2700円)

 群島と題にある人文書といえば、ソ連のソルジェニーツィンの『収容所群島』が思い出されよう。著者は、小笠原諸島など本物の群島の白人系住民などを研究してきた歴史社会学者。本書は、雑誌などで発表済みの文章を加筆修正した、近年の日本社会の分析▽専門の小笠原などの歴史▽本業の傍ら取り組んできた大学改革批判--などからなる。

 ソ連の「群島」は周辺から隔絶した地獄だが、小笠原などでは19世紀頃まで、欧米の捕鯨船の乗組員が上陸…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです